O脚矯正

 


ご自分でO脚矯正

できるようになるには?
 

O脚のしくみを知って頂くことからです。

まずは、下記の方の写真をご覧ください。
 
開始前 開始後
  
  
  開始前は、
  ・太ももに隙間があります。
  ・膝の皿が内側を向いています。
  ・足首の内側の部分に隙間が開いています。
  
  1)膝の皿が内側を向いているということは
   股関節も内側にねじれているのでこれを直していきます。

   整体の施術でも行いますし、ご自分でも股関節の内側のねじれを
   改善できます。
  
  2)骨盤下の坐骨の開いている部分を閉じるエクササイズを行います。
    整体では骨盤矯正を行っても、
    本人が坐骨がしまっている感覚を体感していただかないと
    家に帰って何もしないとすぐに戻ってしまいます。

  3)足首の内側の部分に隙間が開いているということは、
    足首の上の骨が外側に開こうとする力が作用します。
    
    これも整体で矯正しますし、ご自分の体操でも改善していきます。
    これも骨盤と同じように、足裏が地面に垂直につき、
    安定した感覚を覚えていただく方が改善しやすいです。

    この3つを押さえて取組むと改善が早いです。

 開始後は、
  
  1)膝の皿が正面を向くようになっています。

  2)太ももの隙間が狭くなりました。
    しかし、厳密には少しだけ坐骨が開いているのが残っています。

  3)足首の内側の隙間が狭くなっています。
    すね横の骨の広がりも狭くなっています。
    しかし、外反母趾があるので、これを改善すると
    もっときれいな脚になっていたことでしょう。

  O脚矯正ではこの3点を重点に改善していきます。
  

 大切なのは本人がO脚でない状態を体の感覚で覚えていただくことです。
  
  


 

 
開始前

開始後


こちらの方の場合は、膝の皿はさほど内側を向いていませんが、

坐骨の開きが目立つ為にO脚になっていました。

坐骨をしめてその状態を維持できるように

筋肉強化をしていった結果、O脚も改善されてきました。
 
骨盤の歪みから生じたO脚の典型的な例です。

この場合は、

骨盤の歪みを改善していくことから始めると良いです。


 

O脚のしくみがわかった後は?

O脚のしくみがわかった後は?

あなた様のO脚の原因を知ることです。

1)あなたがO脚であることに気づいたのはいつですか?

2)その当時、どんな生活習慣(運動も含めて)でしたでしょうか?

必ず、O脚になった、またはきつくなった原因がああります。

それは1人1人違いますので、その原因が明確になると、

その後は、その原因を改善するエクササイズからはじめると、

見る見る両脚がしまってきます。



何でこのO脚矯正プログラムでないと
だめなのでしょうか?

もちろん、私と同じように1人1人のO脚の原因を把握し、
それに応じたO脚矯正の施術とエクササイズをプログラムされて、
ご指導されている先生でしたら問題ありません。

しかし、いろんなことを試されて、最終的にいきついたのがこちらです。
どうかよろしくお願いします。と言うコメントを多く頂きます。

雑誌や本、ビデオなどのO脚矯正エクササイズがありますが、
全員が同じエクササイズを同じ順番で行っても改善できる人と
改善できない人が生じます。

それは、1人の1人のO脚の原因の違いがあるからです。

それを可能にしたのが八木式のO脚矯正プログラムです。
この人O脚の原因はこうだからこれからはじめ、これとこれを組み合わせて行うと
スムースに改善していきます。
といったアドバイスを個別にさせて頂くからです。




 

このページのTOPへ




   
八木隆雄
整体師
カイロプラクター
ピラティス
インストラクター

パーソナルトレーナー


2011年11月2日14時半
和歌山放送

『むつろうの午後はなるほどっ』のラジオ番組に出演。
「風船でポッコリお腹がすぐ凹む」出版
コスモトゥーワン社 
無料メルマガ登録
猫背!O脚!等の
嫌なスタイルからセレブスタイルに変身していく為のノウハウ&メールマガジンです。






O脚解消実践講座で
どれくらい改善されているか
動画でも確認できます。
   ↓ ↓ ↓
O脚解消実践講座 
実践前と実践後の動画






お問い合わせ



特定商取引法

プライバシーポリシー



Google