膝下O脚と膝の痛みについて



 

O脚に関するメルマガのバックナンバー

膝の痛みと膝下O脚について

 


こんにちは、花山温泉整体道場の八木です。   
いよいよ明日が大晦日。   
大掃除や片付けなどは終わりましたでしょうか?   
この時期は体が冷えますので無理をすると膝や腰を痛めやすいです。   

今回は、膝の痛みや膝下O脚について解説させて頂きます。      

膝の痛みについて   

質問1)歩き方がおかしいと言われます。     
ひざに痛みがあるのはX脚がが原因でしょうか。       
膝の痛みを改善する方法を教えてください。   

回答1)一番のポイントは普段、立っている時や歩いている時に       
膝の皿と足先が一直線にあるかどうかです。
      
膝が痛む大半の人は膝の皿と足先が一直線になっていません。       
つまり膝を支点にして脚がねじれているわけです。       
この状態で数十キロもある上半身を膝で差支えるだけでも       
かなり無理がかかりますよね。   
    
ましてやこの状態で歩いたり、走ったり、       
更には、思い重いものをかついだらどうなるか想像つくことでしょう。       
膝が痛くなって当然です。   
    
ですから、無理につま先を一直線上に向けて歩こうとしても逆効果なのです。      膝の向きと足先の向きが一直線にならないからです。       
そこで下記のことからはじめられると良いです。       

その1)まずこのねじれを取る為に股関節のねじれを改善する必要があります。     その2)もうひとつは足首のねじれです。           
股関節の場合は内股なのか外股なのか?       
足首は外反なのか内反なのか?です。 ここに大きなヒントがあります。       
代表的な例はO脚やX脚です。       
間違いなく膝を支点にして脚がねじれています。              
もしもこの脚のねじれが取れたとしても膝が痛む場合は
膝の軟骨がすりへっっている可能性があります。 
このような場合は体操や整体だけでは改善しません。   

質問2)膝下O脚が気になってスカートを履くのがいやです。       
改善方法はありますか?   

回答2)中学校1年生なんですね。スカートを履いていると膝から下のO脚が       目だって嫌ですよね。       

1)膝下のO脚の方のほとんどは股関節が内側にねじれています。       
2)足首の形は外反になっています。       

この2つを改善するだけでも膝下の隙間が狭くなります。       

1)については自宅でも簡単にできます。       
方法はバレリーナのように足先を開いてお尻、内太ももに力を入れてみます。
そうすると、膝から上の隙間が狭くなります。       

問題は2)の足首の形の外反です。          
これはなかなか自分で改善しくいです。       
足首の形が外反になっているので外反でない足の形にテーピングなどで       
固定します。この状態で背伸びをすると良いです。
      
比較的、軽いO脚方でしたらこの体操だけでも改善します。       
もしもわかりにくければ1回の体操指導だけでも自力でO脚を改善できるように     フォローさせて頂きます。
こちらが現場指導でO脚改善をしている画像を見て頂けます。          http://ameblo.jp/seitaidoujyou/theme-10024391515.html         

自分でO脚を改善する通信講座も行っています。 

このページのTOPへ




 八木隆雄
 整体師
カイロプラクター
ピラティス
インストラクター

パーソナルトレーナー

『自分での姿勢矯正』、
『O脚を自分で直す
 簡単な方法』
『顔を整えていく方法』
等の講演実績あり。
 
無料メルマガ登録
猫背!O脚!等の
嫌なスタイルからセレブスタイルに変身していく為のノウハウ&メールマガジンです。




O脚解消実践講座で
どれくらい改善されているか
動画でも確認できます。
   ↓ ↓ ↓
O脚解消実践講座 
実践前と実践後の動画






お問い合わせ



特定商取引法

プライバシーポリシー



Google